屋上とホットケーキ。

本誌インタビュー People Get Ready 完全版 vol.0 前編

a0163747_10452364.jpg


「屋上とそらfree」という屋上をテーマにしたフリーペーパーが発行されるというので、
その発行人・堀江氏(以下:堀)とアートディレクター・岩井氏(以下:岩)に創刊にかける熱い想いや
「そもそも、なぜ今屋上なのか?流行っているのか?」と単純に気になることを、
名古屋老舗百貨店の屋上で、つらつらと聞いてみた。


a0163747_10495743.jpg




ーずばり聞きます。なぜ今、屋上なんですか?

a0163747_10534997.jpg堀:「確か5~6年前の名鉄百貨店。久しぶりに上がった屋上の遊具が消えていたんですよ。
「近いからいつでも行ける」って油断していました。
あのガランとした屋上を見たときの衝撃と焦りは忘れられない。
あぁ…屋上は無くなるもんなんだと。
で、ムクムクと湧いてきたのが「屋上が消えてしまう前に、記録として残さねば」という義務感(笑)。
誰にも頼まれてないけれど“自分がやらねば誰がやる”って感じ。」

岩:「たしかに“楽しい屋上”って減ってますよね。
駐車場や屋上緑化や太陽光発電のスペースになっちゃって。
別に、それが悪い事ではないんだけど。」

堀:「安全性の面で入れない屋上もすごく増えた。
そこにきてこの不況、屋上どころかデパートごと消えちゃって。
だから一箇所でも多く記録しようと、ジャーナリスト魂ですよ、もう。」

ー確かに大手の百貨店さんもどんどん閉店していますね。
でも、どうしてそんなに屋上が好きなんですか?


堀:「なんでかなあ。小さい頃の想い出が強すぎるのかなぁ。
好きとか嫌いとか考えた事もないくらい。なんかもう、好きなのが当たり前って感じで。
岩井さんは、なんかないですか? そういうの。」

岩:「高校の時の彼女とよくデートで行きましたよ。タダだしね。」

堀:「甘酸っぱいなー(笑)。
自分の場合、家族でデパートに出かけて、ばーちゃんにおもちゃ買ってもらって、
お子さまランチ食べて、最後に屋上遊園で遊んでみたいな……もう、楽しいことだらけ。
それで、屋上っていいよなーって。」

a0163747_10562175.jpg岩:「そういえば、屋上って久しぶりに来たんですけど、
確かに気持ちいいとこですねえ。なんか、いいなー。」

堀:「だめですよ、ぼくら屋上のフリーペーパーを作ってんだから(笑)
もっともっと行ってもらって好きになってもらわないと。」

ー(笑)堀江編集長と岩井ADへのインタビュー、まだまだ続きます。





インタビュアー紹介:水野 桂助 みずの けいすけ/ グラフィックデザイナー
雑誌・広告のデザインをメインに活動中。
事務所先輩はじまりの様々なご縁を経て、屋上とそらfreeに参加中。
現在、遊びと子育ての両立に悩む1児の父。モットーは「みんなで楽しく!」
by okujotosora | 2010-03-13 10:58